FX攻略情報

オアンダのオーダーブックやオープンオーダーはどう見ればいいの?おすすめの見方をわかりやすく解説!

オアンダのオープンオーダーってどうやってみればいいんだろう?

オープンオーダーやオーダーブックってどうトレードに活かせばいいの?

そんな疑問を持っている人は少なくないと思います。

こんにちは、ボビングです。

今回は、オアンダのオープンオーダーやオーダーブックについてどこよりもわかりやすく紹介していこうと思います。

オープンオーダーやオーダーブックは、活用することができるようになるととても役に立つツールですが、パッと見だだけでは意味がわからない人も少なくないかと思います。

そこで、今回はオープンオーダーやオーダーブックをどうやって読むべきかを現役大学生トレーダーが徹底解説していこうと思います!

オアンダのオープンオーダーやオーダーブックって何者なの?

オアンダの、オープンオーダーやオーダーブックとはオアンダ社から注文を出している世界中のトレーダーが今買いポジションを持っているのか売りポジションを持っているのかや、どの値段で指値or逆指値を入れているのかをグラフで表したものです。

今までは、銀行のディーラーにしかわからなかった情報を、オアンダ社が公開してくれているため、個人トレーダーにとってはとても助かります。

逆指値や指値がたまっているところを意識してトレードをする事で、自分のトレードにさらにエッジがある部分を見つけることができるようになりますよ!

オアンダのオープンオーダーやオーダーブックはどう読み取ればいいの?

:オープンオーダーの読み方

実際にオープンオーダーからまずは見ていきましょう。

こちらが、実際のオープンオーダーの画像です。

こちらの画像を見てわかるかと思いますが、オレンジ色と水色の部分があるかと思います。

そこで、まずはこのオープンオーダーを4分割して解説していきたいと思います。

右上の部分:買いの逆指値がわかる!

まずは右上から見ていきましょう。

右上でわかることは、買いの逆指値がどこにあるかがわかります。

買いの逆指値が大量に入っている箇所(目安としては1%以上)では、そこからさらに価格が上昇することが予想されます。

また、買いの逆指値は基本的に売り取引の損切りとして利用されるので、1つのトレードの目安となりますよ。

右下の部分:買いの指値がわかる!

次に右下の部分を見ていこうかと思います。

右下でわかることは、買いの指値がどこにあるかがわかります。

買いの指値は、主に売りの利益確定や抵抗線での反発を狙った取引、逆張りなどに利用されます。

買いの指値が大量に入っている箇所(目安としては1.5%以上)では、反発する可能性が大いにあります。

そのため、それを意識してポジションを持つようにしましょうね。

左上の部分:売りの指値がわかる!

続いては左上の部分を見ていこうかと思います。

左上でわかることは、売りの指値がどこにあるかがわかります。

売りの指値は、主に買いの利益確定や抵抗線での反発を狙った取引、逆張りなどに利用されます。

売りの指値が大量に入っている箇所(目安としては1.5%以上)では、反発する可能性が大いにあります。

そのため、それを意識してポジションを持つようにしましょうね。

左下の部分:売りの逆指値がわかる!

まずは左下から見ていきましょう。

左下でわかることは、売りの逆指値がどこにあるかがわかります。

売りの逆指値が大量に入っている箇所(目安としては1%以上)では、そこからさらに価格が下落することが予想されます。

また、売りの逆指値は基本的に買い取引の損切りとして利用されるので、1つのトレードの目安となりますよ。

:オーダーブックの読み方について

続いては、オーダーブックの読み方について紹介していこうと思います。

ここで意識するべきポイントは、売りと買いのどっちが優勢かがわかる点です。

実際にオーダーブックの画像を用いて解説していきます。

先ほどのオープンオーダーと同じような画像ですが少しだけ違います。

右側が買いポジションを持っているトレーダーの割合で、左側が売りのポジションを持っているトレーダーです。

また、青色の棒グラフが利益が出ていない(負けている)トレーダーで、オレンジ色が利益が出ている(勝っている)トレーダーです。

オープンオーダーを利用することによって売りと買いどちらが勢力があるのかがわかりますよ。

僕自身も、オアンダの情報を有効活用してトレードしているので、トレード日記で具体的な使い方を紹介しているので参考にしてみてくださいね。

オアンダのオープンオーダーやオープンポジションに関するQ&A

Q:オアンダのオープンオーダーなどはオアンダで口座開設しないと見ることができないの?

オアンダで、口座開設しなくても情報を見ることが可能です。

ですが、口座開設しておくと5分に1回の頻度で情報が更新されるので確実に口座開設しておいたほうがいいですよ。

さらに、口座開設しておくとMT4上にオープンオーダーやオープンポジションなどを表示することができる無料のインジケーターもゲットできるので早いうちに講座開設しておきましょうね。

まとめ:オープンオーダーを有効活用して資金を増やしてきましょう!

今回は、オアンダのオープンポジションやオープンオーダーの見方について紹介していきました。

最初はとっつきにくいかもしれませんが、今回紹介したポイントをなんども繰り返し読んで理解していけば、大きな武器になりますよ。

オアンダで口座開設しておくだけで無料でMT4のインジケーターも手に入るので、早め早めに口座開設しておきましょうね。

以上:オアンダのオーダーブックやオープンオーダーはどう見ればいいの?おすすめの見方をわかりやすく解説!でした。

>>オアンダ公式HPはこちら