FX攻略情報

【FX資金管理】伝説のタートルズも利用していた最強のFX資金管理を徹底解説

FXの資金管理ってどうしたらいいんだろう・・・

伝説のタートルズが利用していた資金管理の方法が知りたい!

そんな悩みを抱えている人は少なくないかと思います。

こんにちは、渚蓮です。

今回は、FXにおいてもっとも重要とも言われている資金管理の方法について紹介していこうと思います。

実際に渚蓮も利用している資金管理の方法なのでぜひ参考にしてみてくださいね。

↓↓渚蓮おすすめFX口座↓↓

公式サイトはこちら

FXで一番大切なことは実は資金管理ということ

皆さんは、FXにおいて何が一番重要か考えたことはありますか?

うーん、エッジがある場面でしかトレードしないとか?

なんて考えている人はかなり危険ですよ。

どんなに優れたテクニカル指標でも、必ず勝てるなんてことはありません。

そのため、たった一回のトレードでトレード資金の半分を失ってしまうようなトレードを繰り返していると、いつか市場から退場させられてしまいます。

常にコンスタントに勝ち続けるトレーダーになるためには、もちろんチャート分析なども大切ですが、それ以上に資金管理について学ぶことが重要なのです。

タートルズのユニットの概念を利用したFXの資金管理方法

そもそもタートルズって何者なの?

って方は、こちらの記事にタートルズについてまとめているので参考にしてみてくださいね。

①:ユニットについて学ぶ

タートルズの資金管理では、ユニットというものが使われています。

ユニットとは、1回あたりのトレードでとっても良いリスクをとる取引量のことを言います。

タートルズでは、1回のトレードで「投資資金の1%のリスク/日」を取るというルールがあります。

取引銘柄に対して、決められたユニット数のポジションを持つことによって、失敗した時のリスクを管理することができます。

つまり、失敗しても復活できるちょうどいいポジションの量がユニットというわけです。

  • ポジションはユニット数で管理する
  • ユニットで考えることによって資金管理と同時にリスク管理ができる

②:ユニットは「自己資金量」と「ATR」を調べて導き出す

なるほど、ユニットが大切ということはわかったけど、ユニットはどう計算するの?

って思った人のために詳しく解説していきます。

ユニットを計算するためには、自己資金量とATRを調べる必要があります。

  • 自己資金量:自分がトレードに用いる資金のこと
  • ATR:簡単にいうと1日あたりに動く値幅の目安

ここからは、具体的なユニットの計算式について紹介します。

ユニットの計算式
  1. 投資資金の1%を求める
    投資資金×0.01 = Aとする
  2. その銘柄の最小単位をトレードした時の1日のリスクを計算する
    取引単位×ATR = Bとする
  3. ユニット = A÷B(取引単位に応じて四捨五入)

③:銘柄同士の分散ルールを作る

ユニットを実際に求めたら、次にすることはトレード時にどれだけのユニットを持つかを考えることです。

渚蓮が尊敬している小次郎講師さんによると下のようなルールが大切とのことです。

ユニットの分散ルール
  • 同一ユニットは4銘柄まで
  • 相関関係の高いユニットは6ユニットまで
  • 相関関係のある銘柄は10ユニットまで
  • 買いなら買い、売りなら売りで12ユニットまで

ということです。

渚蓮自身も、こちらのルールを元にトレードを行なっています。

まとめ:ユニット単位でトレードすることを体に叩き込もう!

今回は、FXにおいての資金管理について紹介しました。

ほとんどの人が、なんとなくでポジションの量を決めていたかと思いますが、それでは危険すぎます。

今回紹介したタートルズのユニットという概念を参考にして破産しないトレーダーになってくださいね。

以上:【FX資金管理】伝説のタートルズも利用していた最強のFX資金管理を徹底解説でした。

↓↓渚蓮おすすめFX口座↓↓

公式サイトはこちら